土地活用とは

土地資産を保持していると税金がかかりますが、土地をうまく活用することで、経済的な負担は軽くなり、賃貸物件を建築することで相続税や固定資産税などの税金が軽減されて、安定した収入を得ることもできます。土地活用の目的は、所得税や固定資産税、相続税などの減税対策や安定収入の確保、生活費を確保して老後の生活設計をする、賃貸事業の拡大などさまざまあります。このように、土地を最大限に有効活用できるのが賃貸住宅経営です。毎月家賃を得ることができるので、安定した収入の確保ができるうえ、所得税の申告では建物や設備の減価償却費や借り入れ利子、家屋の固定資産税などを必要経費として計上することができるので、賃貸住宅を建設して活用すれば土地に対する固定資産税評価額は更地の状態と比較して6分の1もしくは3分の1に軽減されます。また、更地に賃貸住宅を建設した場合の土地は賃家付き地割合を差し引くことができ、建物も借家人割合を差し引くことができるので、相続税評価額が減額されます。賃貸マンションやアパート経営は、固定資産や所得・相続税などの減税効果が高く、デフレやインフレに強いというメリットのある土地の活用方法ですが、投資金額がかかり、空室の心配があるというデメリットもあります。賃貸マンションやアパート経営を考える場合は、地域の住宅の需要を捉えた上での計画が重要になり、住宅投資は内需拡大の鍵であり、地域経済への波及効果も大きくなります。2014年4月から消費税率5%から8%への引き上げによる駆け込み需要やその反動などによる影響を考慮して、住宅投資減税は一時の税負担の増加による影響を平準化・緩和する観点から拡充されました。土地には消費税が課されず、建物は消費税が課されるので、消費税負担が増加する分、建物の3%の金額と住宅投資減税が拡充されることによる減税額を比較したうえで、購入した方がよいでしょう。また、所得税額が少ないため控除額を使いきれないなどの場合には、消費税増税後に現金の給付措置を導入することが検討されており、今夏以降に内容が明らかになります。

マンション経営

マンションは高額のため、ほとんどの人がローンを利用して購入します。ローンの支払いに充てるのが家賃収入で、ローンの支払いが終了すれば家賃は全てオーナーの収入になります。また、マンション経営では、支払うローンの金利分や経営にかかったお金は経費に扱われて確定申告後にはお金が還付されます。金額は、その人の収入や物件、金利、家賃、契約の状況によ・・・

アパート経営

様々な土地活用の中でお勧めしたいのが賃貸住宅の経営で、その中でも初心者にお勧めなのがマンションではなく、アパート経営です。土地活用のリスクを最小限に抑えることができます。鉄筋コンクリート造のマンションと比較すれば、規模も小さく、投資金額も低く抑えられるため、ローンを組んでも支払を早く終える事ができ、投資した費用に対する節税効果は高くなります・・・

入居者のニーズ 

アパートやマンションの経営をする際は、常に満室状態であることに憧れますが、実際は空き室のリスクと背中合わせです。叶えるために重要なことは、入居者の目線に立つことです。みんなが住みたいと思う物件を建築するには、土地の立地条件や、周辺の市場調査を行ない、入居者のニーズを汲み取ることが大切です。アパート決定理由の1位は家賃の金額であり、2位は・・・